説明を受ける

美容整形の訴訟弁護士の費用について。

美容整形の施術を受ける前に手術方法などについてのカウンセリングのほかに、美容整形の費用請求についての説明を受けることがあります。またクリニックによっては、手術料の前払いを請求しているところもあります。美容整形は医療事故に関する訴訟のほかにも、費用請求に関する訴訟も少なくありません。もし患者側が一方的に不利な契約を交わされた場合は、訴訟によって契約条項が無効になったというケースもあります。美容整形の医療事故だけでなく、一方的に不利な契約が交わされることや、費用請求がされた場合には、美容整形専門の訴訟弁護士に依頼することでスムーズに解決してもらえることがあります。訴訟弁護士には各得意な分野があり、美容関係専門の訴訟弁護士に依頼することでより有利な条件で訴訟を起こすことができます。ちなみに費用は美容整形が失敗したケースでは比較的成功報酬が高くなりますが、契約不履行や費用請求が無効になった場合は少額の負担で済みます。

昔は整形に関する契約や費用関係の訴訟は、勝訴が難しいという傾向にありました。

ところで昔は美容整形の訴訟といえば、そのほとんどが手術の失敗によるものでした。現在のようにクーリングオフ制度や契約後にも患者側の不利が発覚した場合には、契約不履行になるということが法律でまだ明確化されていませんでしたので、患者側がたとえ不利になっても泣き寝入りするしかなかったケースが多かったのです。また訴訟弁護士に依頼して訴訟を起こしても、勝訴することが難しいという傾向にありました。ところが法律で違法ということが明確化されたことにより、美容整形の手術を行う側の契約や費用請求に関する説明が不十分な場合には、患者の権利を重視して契約不履行や費用請求を無効化することが可能になりました。このことから訴訟を起こした場合には、従来に比べて勝訴する可能性が高くなったのです。