無料相談を利用

訴訟弁護士との相性を見極める

美容整形では、綺麗にしようと皺やたるみを解消するフェイスリフトや脂肪吸引などが行われるのです。本来であれば、美容整形が成功して笑顔になりたいのですが、そこで合併症や死亡事故が起こる可能性があるのです。そのようなときには、施術をしたクリニックを相手取って訴訟が行われることがよくあるのです。そのとき、法的なサポートをしてくれるのが訴訟弁護士です。しかし、有名だからと言って何も考えずに依頼すると裁判が上手くいかない可能性があるのです。なぜなら、人と人には相性があるように、訴訟弁護士との相性というのもあるからです。 訴訟弁護士を探すときには、医療訴訟に強いことはもちろん、あってみて印象が同化を確認することが必要です。ですから、まずいきなり依頼するのではなく、無料相談、有料相談をして話し合ってから、相性がいいと感じたときにはじめて依頼することです。訴訟弁護士と依頼人の関係が良好であれば、数年はかかる裁判も乗り切ることが出来るのです。

美容整形の裁判でかかる費用

美容整形の失敗で裁判を起こす場合、訴訟弁護士に依頼するためにそれ相応の費用が掛かるのです。 まず最適な訴訟弁護士を探すためには相談です。 無料相談を行う事務所もありますが、有料であれば1時間の相談で5000円から1万円程度が必要です。ここで何回か繰り返すことになる可能性もあるのです。 次に本格的に依頼をするとなれば、着手金としておよそ50万円、証拠保全でおよそ20万円がかかるのです。もし、裁判の結果勝訴した場合には、経済的利益の10パーセントから20パーセントが訴訟弁護士への報酬となるのです。経済的利益というのは美容整形で引き起こされた死亡事故や後遺症に対して支払われる賠償金、和解金などを指すのです。報酬の割合は確実に勝てる裁判であれば、引き下げてくれることもあるのです。